キャッシングとクレジットカードの違いは、簡単に言うと、商品の購入を伴うか否かの違いです。
キャッシングは金融機関からお金を借りて、その借りたお金に利息をつけて翌月に一括で返済するものです。キャッシングは一括返済が基本ですが、最近では分割払いで返済することもあり、カードローンとの区別は曖昧になっています。
一方でクレジットカードは、お金を借りることではなくショッピングが主な目的です。利用者がカードを使って商品を購入すると、信販会社は一括で購入代金を立て替え払いをします。利用者は、立て替えをした信販会社に対して、翌月以降に一括もしくは分割で代金を返済していきます。
クレジットカードでは、一括払いもしくは2ヶ月払いの場合には利子がつかない場合が多く、リボ払いの場合でも金利は消費者金融などと比べると高くはないので、ショッピングに使うならばこちらのほうがお得であると言えます。ただし現金に換えることはできませんので、現金が必要なのであればキャッシングを利用することになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *