消費者金融からキャッシングをしていた場合、過払い金があるかもしれません。借り換えによって完済すると、過払い金の時効が発生するので気をつけなくては なりません。時効は10年と定められており、10年を超えてしまうと過払い金もなくなってしまいます。完済や借り換えをする前に、グレーゾーン金利と言わ れる金利20%以上の契約をしていなかったか、今一度確認しておきましょう。過払い金がある場合は、借り換えをしなくても借金が全てなくなったり、お金が 戻ってくることもあります。長い契約をしていればしているほど過払い金がある可能性があります。ただし途中でキャッシングを完済していたタイミングがある と、その時点でそれ以前の借り入れに対する時効が発生しています。銀行からの借り入れに対しては低金利で融資されていることもあるので、あまり過払い金は 望めませんが、一部の銀行は消費者金融の事業を買収しているので、管理している会社が変わっても引き続き申請することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *