金融機関や貸金業者からキャッシングする場合は、申込み時に何を用意すればいいか初めてだとわからないことが多いです。 キャッシングに申込むには、いろんな書類を用意しなければいけないイメージがありますが、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書だけで、簡単に申し込むことができます。 ただし身分証明書の住所が現在住んでいる住所と違う場合は、住民票の写しや公共料金の領収書など、現在の住所が記載されている書類も一緒に提出する必要があります。 キャッシングの借入額によっては、所得証明書の提出を求められることもあるので、高額な借入をしたい人はあらかじめ所得証明書を職場から取り寄せておくことが大事です。 特に消費者金融の場合は、総量規制がある関係で、50万円を超える借り入れから所得証明書の提出を求められることが多いです。 所得証明書とは、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などですが、書類を取り寄せるまでに時間がかかることもあるので、急いでキャッシングしたい時は前もって用意しておくと審査もスムーズにおこなえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *