収入が少なく、日々の生活を維持するだけでも大変な人にとって、冠婚葬祭などで、まとまった費用が必要な際には、誰かにお金を借りなければならない状態になります。しかし、親族や同僚などにお金を借りたいと申し出ることは、どうしても躊躇してしまいます。お金に困っていると思われたくないからです。そんな際に利用するとよろしいのが、キャッシングです。しかし、誰でもキャッシングを利用できるわけではありません。お金を借りるための審査を受けなければなりません。利用できる基準は、しっかり返済できるだけの所得があるか否かということです。長く勤務している職場から得られる所得がなければ、返済不能と見なされてしまいます。また、過去に金融事故などを起こしていないか否かも問われることになります。借金は、絶対に返済しなければなりません。しかも、多額の金利分も負担しなければなりません。リボ払いという分割払いを選択し、リボ払いだから、毎月の返済はそれほど難しいことではないと思っていても、ついつい借りすぎてしまい、最終的には自己破産に追い込まれることがあることも理解しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *