キャッシングを利用する場合には所得が必要

収入が少なく、日々の生活を維持するだけでも大変な人にとって、冠婚葬祭などで、まとまった費用が必要な際には、誰かにお金を借りなければならない状態になります。しかし、親族や同僚などにお金を借りたいと申し出ることは、どうしても躊躇してしまいます。お金に困っていると思われたくないからです。そんな際に利用するとよろしいのが、キャッシングです。しかし、誰でもキャッシングを利用できるわけではありません。お金を借りるための審査を受けなければなりません。利用できる基準は、しっかり返済できるだけの所得があるか否かということです。長く勤務している職場から得られる所得がなければ、返済不能と見なされてしまいます。また、過去に金融事故などを起こしていないか否かも問われることになります。借金は、絶対に返済しなければなりません。しかも、多額の金利分も負担しなければなりません。リボ払いという分割払いを選択し、リボ払いだから、毎月の返済はそれほど難しいことではないと思っていても、ついつい借りすぎてしまい、最終的には自己破産に追い込まれることがあることも理解しなければなりません。

キャッシングの申込には身分証明書が必要

金融機関や貸金業者からキャッシングする場合は、申込み時に何を用意すればいいか初めてだとわからないことが多いです。 キャッシングに申込むには、いろんな書類を用意しなければいけないイメージがありますが、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書だけで、簡単に申し込むことができます。 ただし身分証明書の住所が現在住んでいる住所と違う場合は、住民票の写しや公共料金の領収書など、現在の住所が記載されている書類も一緒に提出する必要があります。 キャッシングの借入額によっては、所得証明書の提出を求められることもあるので、高額な借入をしたい人はあらかじめ所得証明書を職場から取り寄せておくことが大事です。 特に消費者金融の場合は、総量規制がある関係で、50万円を超える借り入れから所得証明書の提出を求められることが多いです。 所得証明書とは、給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などですが、書類を取り寄せるまでに時間がかかることもあるので、急いでキャッシングしたい時は前もって用意しておくと審査もスムーズにおこなえます。

見栄やプライドがキャッシングへ繋がるのか?

キャッシングというと、お金に困って仕方なくというイメージが強いのではないでしょうか。困る理由は人それぞれではありますが、普通に働いて、自分の身の丈に合った生活をしていればお金に困るという事はあまりないかもしれません。もちろん、病気やリストラなど、自分ではどうにも出来ない事情がある人も少なくないでしょう。ですが、そういった事情以外でも、ショッピングやギャンブルなどの使い道としてキャッシングする人が多いのも事実です。ギャンブルに関しては、そこに見栄やプライドは関係ないかもしれませんが、ショッピング絡みの人は見栄やプライドが高い人が多いです。自分をよく見せたい、高価な物を身に付けている事で他人に認められたいなどの気持ちがあるのではないでしょうか。また、ストレス発散の為にショッピングをするという人も、そのうち収入以上の買い物をしてしまい、リボ払いやキャッシングのどろ沼にはまってしまう人もいるようです。人からよく見られたという気持ちは、少なからず誰にでもあるものです。しかし、自分は自分以下でも以上でないのが事実ですので、見栄やプライドの為にお金を借りる事は、愚の骨頂なのかもしれません。

借金が増えすぎると夜逃げしか無いわけです

うちの子と同じクラスの子が転校していったっていうのを子供から聞いたんですが
仲のよかった子だったはずなのに、転向することをその子から直接聞かないうちに
急に転校していってしまったとちょっと凹んでたんですよね。
やっぱりお別れが寂しくて言えなかったのかな…ってそんなふうに思っていたんですが
先日、懇親会のあとで噂好きな他の子のママがその転校していった子の家族は
普通の引っ越しじゃなくて、夜逃げしたんだよって教えてくれてびっくり。
なんでも多額の借金を抱えて自己破産したらしいんですが、どうも
ヤミ金融からもお金を借りていたようで、自己破産とか無視して
取り立てとかしにきていたそうで、もう逃げるしかないって状態だったそうで。
そんな自己破産したうえにまだ逃げなきゃならないような借金の理由って何?
って思っていたんですけど、なんのことはない、父親がギャンブル依存症で
特にパチスロに入り浸っていたらしくて、それで作った借金だそうです。
私なんかはパチスロ店とかにすら行ったことないから、何が面白いんだか
わかりませんけども、やっぱり病気だと止まらないんでしょうか。
もちろん、噂好きなママさんの言うことなんで、いろいろ尾ひれがついてるって
可能性も高いわけですけども、まあ、実際、夜逃げ状態で引っ越していった事実があるわけで。
大筋はその通りなんだろうなって思います。
自業自得な理由で借金作った本人は夜逃げして苦労するのも当然だとは思いますけど
やっぱり、そんな大人の勝手な事情に振り回される子供がすごく可哀想ですよね…。
うちの子も凹んでるけど、まさかこんな理由を話すわけにもいかずに
どうやって励まそうかって悩むところです。
しかし、夜逃げするとしても、すでに就学してる子の転校手続きとか
いったいどうするんでしょうかね…??
夜逃げってたしか住民票を動かすとどこにいるのかバレちゃうから
動かさずに引っ越すとかするって聞いたことありますけど、転入届出さないと
公立の学校の転校手続きとかできないんじゃ…??って心配になります。
最悪、無理心中とかしててもおかしくないよなって思うとぞっとするんで、
できるだけ、もう考えるのをやめたほうがいいのかも。
こういう話が身近にあると、今更ながらうちの旦那はこんな借金を
作ってくるような旦那じゃなくってよかったって心から思います。
まあ、そんなことを旦那に言ったら「当たり前だろ!」って怒られそうですけどね。

ピンチの時はプロミスでお金借りるの!

お金がなくて大ピンチ!?なんて本当にあるの?って感じだった私。
プロミスとかの今すぐお金借りることができるよアピールの広告とか
(即日融資可能!っていうやつですね)
「どれだけせっぱつまってるのよww」って思ってた。
きっちりと貯金していけばお金ってそれなりに貯まるし、欲しいものがあっても
お金がなくて買えないなら、それって自分の身の程にあってないものだって思って
諦めればいいのに…なんて思っていました。
しかし、私はわりとこういうきっちりとした性格なんですけど、うちの
夫はどうも違ったようで…orz
お金があといくらあるかあまり気にしないし、もっと言えば、収入自体も気にしない。
結婚するまで実家暮らしだったのもあって困ったことになったことがなかったんですよね。
で、私と結婚してからも共働きだったのもあって、二人の収入を合算すれば
二人で生きていくのに余裕って感じだったんですけど…
私がいざ妊娠して、これからは自分の収入がなくなるってなったときに焦りました。
旦那は自営業なこともあり、安定してないし、少ない月なんか本当に少なくて
数万なんて収入のときもあるんです…。
こんなんじゃ子供育てるとかできない!?とかなり絶望。
私の蓄えもありましたが、正直、そこから出してもいつまでも続くもんじゃないです。
で、なんとかかんとか貯金がやばくなったら、自分が仕事に復帰できる期間だけ
お金をカードローンで借りてしのぐことにしました。
給料はそんなに高くはないけど、介護職についていたので再就職にこまることが
ないっていうのがまだマシだったので、なんとかなりましたけど…
普通のOLとかだったら再就職できた気がしない。
今回、うちが借りたのはプロミスです。
もちろん、出産前後なんて働けなくて無職状態になるんで、実際に借りたのは夫ですけどね。
なんか、総量規制とかいう法律のせいで、専業主婦をはじめとした、
収入がない人は消費者金融から全くお金を借りれないことになってるんですね、今って。
まあ、どう考えても返済能力なさそうだし当たり前か…。
プロミスの即日融資は嬉しいけど、これから返済がんばらないとなぁ。
正直、自分が再就職しても一気に全部完済できないんですよね。
やっぱ、こういうカードローンでキャッシングしたお金ってものすごい
高い利息をつけて返済していかないといけませんから。
短期間のうちに全部完済できるなら無利息キャンペーンとか言うのもあるみたいですけど
そんなことしたら生活が成り立たなくなりますからね。・゚・(ノД`)・゚・。

キャッシングの借り換えと過払い金

消費者金融からキャッシングをしていた場合、過払い金があるかもしれません。借り換えによって完済すると、過払い金の時効が発生するので気をつけなくては なりません。時効は10年と定められており、10年を超えてしまうと過払い金もなくなってしまいます。完済や借り換えをする前に、グレーゾーン金利と言わ れる金利20%以上の契約をしていなかったか、今一度確認しておきましょう。過払い金がある場合は、借り換えをしなくても借金が全てなくなったり、お金が 戻ってくることもあります。長い契約をしていればしているほど過払い金がある可能性があります。ただし途中でキャッシングを完済していたタイミングがある と、その時点でそれ以前の借り入れに対する時効が発生しています。銀行からの借り入れに対しては低金利で融資されていることもあるので、あまり過払い金は 望めませんが、一部の銀行は消費者金融の事業を買収しているので、管理している会社が変わっても引き続き申請することができます。

キャッシングの比較サイトについて

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンでお金を借りる場合には、各金融機関のスペックや長所、短所がまとめられた比較サイトを利用するのがおすすめです。
たしかにホームページを開けば、各金融機関の特徴を調べることは可能です。しかし、逐一調べていくには手間や時間がかかり大変です。緊急時にそんな悠長なことはしてられないでしょう。
また、いくらまで借りられるのか、利息はどれくらいか、即日に借りたいのか、など借入れに何を重視するかは、人によってそれぞれ違います。比較サイトであれば、各金融機関の特徴が表にしてまとめられているので、自分の目的にあった金融機関を容易に見つけることができます。また、サイトによっては、必要項目を入力するだけで、自分にあった金融機関の商品を推奨してくれるものもあります。さらに、お役立ち情報や専門家のコラムなどを掲載しているサイトも多数あるので、それらを利用すれば、お金を借りる場合の基礎知識を学ぶこともできます。

キャッシングしたら返済する義務がある

キャッシングとは個人が受けることができる小口の融資のことです。銀行や消費者金融などにいって、審査を受けて通れば、その資格を得ることができます。そ して発行されたキャッシングのカードを利用してお金を引き出すことができるのです。審査の際に、キャッシングの限度額を決めたり、返済日を決めたりする必 要がありますが、その時に一番重要とされるのは、返済能力があるかないかを見られることです。なぜならキャッシングをするということは返済をする義務があ るということだからです。そのために、過去に滞納した経歴がある人は審査に通らないということもあるので、注意が必要です。またキャッシングをする時に、 はじめの1ヶ月以内に借りた金額を返済することができたら、無利息などの優遇措置を設けているところもあります。しかし、返済に一旦遅れると金利を払うこ とは当然として、更に遅延した分の金利を支払うことにもなりかねません。そのために返済をすることが大切なのです。

キャッシングとクレジットカードの違いとは

キャッシングとクレジットカードの違いは、簡単に言うと、商品の購入を伴うか否かの違いです。
キャッシングは金融機関からお金を借りて、その借りたお金に利息をつけて翌月に一括で返済するものです。キャッシングは一括返済が基本ですが、最近では分割払いで返済することもあり、カードローンとの区別は曖昧になっています。
一方でクレジットカードは、お金を借りることではなくショッピングが主な目的です。利用者がカードを使って商品を購入すると、信販会社は一括で購入代金を立て替え払いをします。利用者は、立て替えをした信販会社に対して、翌月以降に一括もしくは分割で代金を返済していきます。
クレジットカードでは、一括払いもしくは2ヶ月払いの場合には利子がつかない場合が多く、リボ払いの場合でも金利は消費者金融などと比べると高くはないので、ショッピングに使うならばこちらのほうがお得であると言えます。ただし現金に換えることはできませんので、現金が必要なのであればキャッシングを利用することになります。